学生ローンでも金額には制限がある

キャッシングを行なう際の選択肢として考えられるのは消費者金融や銀行カードローンです。

しかし学生がキャッシングを行ないたいと考えたときに選べる選択肢はそう多くはありません。

というのも学生がキャッシングをする際になによりもネックとなる収入がキャッシングの審査においてはとても重要な要素だからです。

定期的に安定した収入があることはもちろん、期日までに必ず返済できると判断されなくては審査に通過してキャッシングを行なうことはできません。

とくに消費者金融の場合には総量規制の問題があるため利用者の年収の1/3を超える貸し付けは行えない決まりになっています。

つまり収入が少ない学生の場合には、たとえ審査に通過してキャッシングができるようになっても借り入れることのできる金額は制限されてしまうのです。

学生が利用しやすい金融機関として学生ローンも存在し、学生ローンの場合は審査の面においても学生の事情を踏まえて審査されることもあります。

ただし学生ローンも消費者金融であり総量規制の枠内なので、審査に通ったとしても多くの金額をキャッシングすることは難しいといえます。

また学生ローンは大手消費者金融と比較しても利息が高い会社が多いため、返済が長期にわたると利息がかさんでしまうリスクもあるので注意が必要です。