総量規制対象外カードローンのメリットとデメリット

銀行カードローンは総量規制対象外になっています。

総量規制対象外のメリットは、収入による借入額の制限を受けないという点です。

総量規制では借入総額が年収の3分の1に制限されますが、総量規制対象外の銀行カードローンなら、それ以上の金額でも借りられるのです。

しかし、総量規制対象外のカードローンにはデメリットになり得る点もあります。

まず一つは審査が若干厳しい傾向があるという点です。

銀行カードローンは消費者金融に比べると審査が厳格な傾向がある為、場合によっては審査に通過できず、カードローンが利用出来ない可能性もあります。

また、総量規制対象外のカードローンでは、即日融資が利用出来ない可能性もあります。

消費者金融のカードローンは即日融資が当たり前になっているので、この点は総量規制対象外のカードローンのデメリットと言えるかもしれません。