銀行カードローン、審査が甘い所の特徴

銀行カードローンは借り入れ出来る金額も大きく、何とか審査に通りたいと思う人は多いと思います。しかし、銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比べて保証会社がついてしまうため、銀行が融資したくても保証会社がウンと言ってくれない事が多くあります。そこで、少しでも銀行カードローンの審査通過率を上げる方法をお教えします。

・新規参入したローン

新規参入したローンは銀行側も顧客基盤がしっかりしていないため、審査に通過させたいといった思惑が発生します。ただし、保証会社は多くの取引相手と同一の審査結果を出しますので、過度な効果は期待出来ない無いかも知れません。

・保証会社が二社以上あるローン

保証会社が複数社あると、一社で審査に落とされても、もう一社で審査が通過する事があります。単純に可能性が上がりますので、保証会社と多く提携している銀行カードローンを探してみると良いでしょう。

・消費者金融系保証会社を避ける

消費者金融系保証会社の審査通過率はイマイチである事が多いです。これはなぜかと言うと、銀行に対して消費者金融保証会社はグループ外企業であることが多く、直接のグループ収益に結びつかないためです。

また、審査に通すことによって消費者金融としては自社にある借入を返済されたり、将来の得られたかも知れない収益が無くなるといった負の部分もあるため、審査通過率が落ちるのです。

いかがでしたか。銀行カードローンの甘い所を探して、上手く審査に通過して下さい。