銀行カードローンが人気となっている理由

銀行カードローン貸付残高が伸びている最大の理由として、改正貸金業法に基づく総量規制の対象外となっているからです。信販会社や消費者金融は、貸金業法に基づき貸付を行っているので同業者を含めた総貸付残高が年収の1/3を超える貸付が原則として禁止されています。しかし、銀行カードローンならば銀行法という別の法律に基づき貸付が行われているので、総量規制による規制を受けずに銀行の審査基準に達していれば、年収の1/3を超える貸付も可能です。

また、銀行カードローンは保証会社を付けた契約が行われているので、信販会社と消費者金融よりも低金利で貸付が行われています。審査により利用可能額が多いほど、利息制限法に基づく上限金利の規制を段階的に受けるので、利用限度額の増額に成功するほど金利引き下げ効果が期待出来るでしょう。

銀行カードローンは、個人の与信力に基づいて買い付けを行うので、同じ利用限度額であっても設定される金利に違いが出ることが少なくありません。与信力が高い人ほど有利な借り入れが可能となるわけです。銀行カードローンの申し込みを行った際には、利用限度額が予想よりも遥かに高額に設定されることがあるのは、個人の与信力が銀行側に評価された結果です。