金利差がどのくらいあれば借り換えタイミングに適しているのか

改正貸金業法が完全施行された後は、利息制限法で定められた上限金利以内での貸付に制限されています。
10万円を超えて100万円以下の貸付金額に対しては、上限金利が年18%に設定されており、100万円を超えると年15%へ段階的に厳しく規制されるわけです。
ある程度利用している中で、他のカードローン申込みを行なって100万円を超える利用限度額を得られれば、結果的に年15%以下まで金利が引き下げられることになるでしょう。

既存の借入れ金を全て借り換えれば、金利差を使って返済利息を減らすことが可能です。
実際に借り換えタイミングとして適している金利差がどのくらいあれば良いのか、人により考え方が異なるので一概には言えないものの、少なくとも同じ返済方式ならば金利差3%程度あれば十分に借り換えを検討しても良いでしょう。

借り換え目的を禁止しているカードローンを利用する場合には、審査に通過してもすぐに借り換えてしまうと利用停止となりかねません。
そこで、借入れと返済をランダムにズラして行なうことで、金融業者が個人信用情報機関へ照会をかけても具体的な因果関係を把握できない程度とすれば十分です。
金額と借り換え日をズラして計画的な借り換えを行なうと良いです。