主婦のキャッシングはこの点に注意を

主婦がキャッシングを申し込む場合は、本人に収入があるかどうかで違って来ますので、その点にまず気をつけましょう。仕事をしている主婦で本人名義の収入があれば、自分の名前で申し込みができます。もちろん本人確認の書類も、自分の免許証や保険証を準備することになります。

またこの場合は、銀行、消費者金融どちらも自分名義で利用でき、配偶者の同意は必要ありません。審査も本人の信用情報をもとにして行われます。一方専業主婦がキャッシングを申し込む時には、本人名義の収入がないので、配偶者名義での申し込みになります。

本人確認書類は、配偶者の物が必要になります。審査は配偶者の信用情報をもとに行われますので、もし配偶者の信用情報に延滞情報などがあった場合は、審査に通りにくくなることもあります。また消費者金融を利用する時は、配偶者の同意が必要です。

ですから、もし配偶者に内緒でキャッシングをしたいという時には、銀行のキャッシングを利用するといいでしょう。しかし銀行は審査が厳しいので、審査の緩い消費者金融を使いたいという時には、パートでもいいので仕事をして、自分名義の収入を得るようにすると、配偶者の同意なしで、消費者金融を利用することが可能です。