利息、取り立て、キャッシングに於ける誤解ついて

キャッシングを行う事について抵抗があると言う人は少なくありません。むしろ近年そのイメージだだいぶ柔らかくなってもネガティブなイメージを抱いている人は世の中には相当いると思います。

まずキャッシングに抵抗がある人が一番抱いているネガティブなイメージとして、利息の高さが挙げられます。以前の利息制限法だとキャッシングの法定金利は年約20%、そして出資法、つまりグレーゾーン金利として年利29.2%とされていました。つまり法律では20%までにはなっていますが、厳密には29.2%までの利息が許されていたのです。

しかし、いまから10年ほど間前、グレーゾーン金利の撤廃を訴える動きが加速、そして遂にグレーゾーン金利は撤廃され、現在では、利息制限法の上限である年利20%までと定められてます。

とはいえ最近では銀行がキャッシング業界のこぞって参戦してきていることもあり、年利がもっと低い、また一定期間内の返済だと金利がかからないと言ったサービスも増えているのが現状です。

また執拗な取り立てというのもネガティブ要素として挙げられますが、法整備により現在は規制され、現在では、返済に遅れるともちろん連絡はきますが実家や勤め先にも執拗に電話をかけてくる、と言ったことが極端な場合を除いては取り締まり対象となります。